×

オプション

HOME»  葬儀のマナー

葬儀のマナー

参列する時の服装

通夜には急いで駆けつけるという意味もあり、喪服(礼服)で伺うのは「不幸を予期していた」と思われ
失礼とされていたようですが、現在では、通夜もブラックフォーマルで出席する方が一般的です。

【男性の服装】

通夜・・・
略礼装:ダークスーツ (濃紺・ダークグレーなど)
ネクタイは黒や地味な柄を。(突然の訃報にも慌てないように、会社のロッカーなどに黒のネクタイ・黒の靴下を置いておくと良いでしょう)
葬儀・・・
略礼装:ブラックスーツ(礼服)
白のワイシャツ・黒無地のネクタイ・黒の靴下・黒の靴(金具の無いもの)

※ ゴールドの時計やブレスレットなど、結婚指輪以外は外すのが良いでしょう。
また、ネクタイピンは付けないのが通例です。

【女性の服装】

通夜・・・
略礼装:黒・紺・茶などの地味なスーツやワンピース
黒の靴、ストッキングは黒または肌色
葬儀・・・
ブラックフォーマル(ワンピース・アンサンブル・スーツ)
ストッキングと靴は黒を。肌を露出させないのが原則です。夏場も5分袖まであるものが良いでしょう。

※ アクセサリーは結婚指輪だけにします。パールのネックレスは「涙のしずく」「涙の象徴」と言われる由縁があり
お悔みの席でもふさわしく問題ありませんが、二連のネックレスは「不幸が重なる」ことを連想させますので、弔事では厳禁です。
また、濃いメークや香水、カラフルなネイルもタブーです。
バックは黒であれば良いと思いますが、ショルダーバックはなるべく避け、やむなく持つ場合は、肩にかけずに紐を結んで手に持つなど、ご遺族に失礼にならないように心遣いをしたいものです。
そして、光沢のあるものを身につけないようにしましょう(エナメルの靴やバックなど)

通夜服装
葬儀服装

【冬場の参列】

冬場はコートを着ることになりますが、葬儀会場の中に入る前に脱ぐようにしましょう。
ただ、焼香所が外に設営されている場合は焼香の時にだけ脱ぎ、それ以外は着用していても差し支えありません。
コートの素材は、毛皮や皮製のものなど、殺生を意味し死を連想させることから着てはいけません。因みに、マフラーや手袋なども同様です。

【子供の服装】

制服があれば制服を着用します。制服がない場合はブレザーに白のシャツ、黒や紺のズボン、スカートなどが望ましいでしょう。

葬儀参列の際のマナー

sougisanretu

開始時間の案内通りに到着しましょう。やむなく遅れた場合は、お詫びを述べご焼香させて頂きます。すでに、受付がいなくなってしまった場合はお香典を直接 ご親族に手渡されると良いでしょう。

お香典に新札を包むことは「前もって死を予期して用意していた」とされ失礼にあたるとされています。しかし、あまりにも汚い紙幣ではかえって失礼になります。
もし、新札を使用する場合は折り目をつけると良いでしょう。

ご遺族は家族を亡くし、悲しみの中にいます。心身共にお疲れでしょう。
いくら親しい間柄でも、長話は控えましょう。また、亡くなられた経緯を伺うことは最も考慮に欠ける事です。ご遺族の悲しみを増長させるような言動は慎みましょう。

知り合いに会ったからといって世間話をしたり、大声で笑ったりすることはマナー違反です。私語は葬儀会場を出てからにしましょう。

通夜振舞いは故人の供養になるとされており、一口でも戴くのが礼儀になります。
ただし、お酒を飲んで大声で話したりすることは厳禁です。
ご遺族の事を考え長居はせず、早めに退席しましょう。

御香典

「香典」とは、線香・抹香や供花の代わりに霊前に供えるものですが、急な不幸による出費に対して
お互いに助け合うという意味もあります。

熨斗袋(香典袋)の表書きは故人、またはご葬家(ご親族)の宗派に合わせますが、
宗派がわからない場合は、「御霊前」と書くと良いでしょう。蓮の絵が入ったものは仏教にしか使えませんので注意してください。
表書きは薄墨で書きます。薄墨で書く意味ですが、「突然の訃報で墨を磨る時間がなく薄墨で書いてしまった」
「悲しみの涙で滲んでしまった」ということから慣習となったそうです。
しかしながら、薄墨は正式なマナーではありませんので、黒いペンで書いても問題はありません。

香典表書き

※七七日忌(四十九日)の法要以後の表書きは【御佛(仏)前】になります。
※裏側の重ね方・・・中包みを紙の中央に置き、下を折ってから上を重ねます。「頭を垂れる」と覚えると良いでしょう。

受付の仕方

関係者別に受付がある場合は、自分の関係の列を間違えないように並びます。
この時、バックからふくさに包んだお香典を手に持っておきましょう。
御香典袋をむき出しにして持つのはマナー違反です。

自分の番になったら、ふくさからお香典を出し、両手で受付に出します。この時「この度はご愁傷さまでございます」など
簡素にお悔みを述べ、芳名帳や芳名カードに記帳します。
※ お悔みを述べる際、不幸が続くイメージのある重ね言葉「重ね重ね」「くれぐれも」などは避けます。
また、「続く」「追って」「繰り返す」などの言葉も使わないようにしましょう。
「死」を直接イメージする「死去」「亡くなる」などは、「ご逝去に言い換え、
「生きる」生存中」なども「ご生前」や「お元気な頃」などの言い回しにします。

通夜、告別式両方に参列する場合、通夜で御香典をお渡ししていれば、告別式では記帳のみで構いません。

他の人のお香典を預かっている場合は、受付で人数分のお香典を手渡した後、
自分の他に預かってきた方の名前をそれぞれ記帳します。
代理として参列する場合は、芳名帳に代理人の名前は書きません。代理で来たことを示すために
来られなかった方の名前を書き、その下に「代理人(妻の場合は「内」)」と書き、その下に自分の名前を書きます。

焼 香

仏式の葬儀や法事で故人を弔うためにお香(線香や抹香)を炊くことを指します。
葬儀では抹香(香木を細かく砕いたもの)を用いますが、お香にはその香りで邪気を祓い
霊前を浄め、冥福を祈る気持ちと意味が込められています。

焼香には、座って行う「座礼」、祭壇に向かって立った姿勢で行う「立礼」、読経中に香炉を載せた盆を
回して行う「回し焼香」があります。
また、香には線香と抹香があり、一般的に通夜や告別式では抹香を炊くことが多いようです。
地域や宗派によって線香の本数や焼香(抹香)の回数は異なりますが、一般の弔問、会葬者は
あまり作法に拘る必要はありませんが、基本の作法だけはしっかりと踏まえておけばよいでしょう。

【立礼】

最近では葬儀場を利用しての葬儀が一般的になってきました。
椅子席の式場が多く、喪主やご親族の焼香が終わった後に会葬者が順番に焼香をしていきます。
係員に案内されたら、隣の方へ軽く会釈をしてから焼香台に向かいます。
移動の際、数珠は左手に持ちます。

焼香

① ご遺族に一礼した後、祭壇に向かって深く一礼をします(合掌礼拝)
② 抹香を右手の親指、人差指、中指の3本でつまみます。
③ 頭を軽く下げ、香をつまんだまま目の高さまで押し頂きます(浄土真宗・真宗を除く)
④ 抹香を香炉の中に静かに落とします(焼香の回数は宗派によって異なります)
⑤ もう一度、祭壇に向い深く一礼をします(合掌礼拝)
⑥ 祭壇に一礼して自分の席に戻りますが、席に戻らず通夜振舞い所へ案内されることもあります。

【立礼】

最近では葬儀場を利用しての葬儀が一般的になってきました。
椅子席の式場が多く、喪主やご親族の焼香が終わった後に会葬者が順番に焼香をしていきます。
係員に案内されたら、隣の方へ軽く会釈をしてから焼香台に向かいます。
移動の際、数珠は左手に持ちます。

焼香の回数は宗派によって異なりますし、焼香の作法も宗派によって異なります。
また、会葬者が多い場合などは時間の調整もあり「一回にしてください」と案内される場合もあります。
『回数は何回か』というよりも、心を込めて焼香する事が大切です。

【座礼】

畳敷きの式場に多いスタイルです。「座礼」の場合も基本的には「立礼」と同じですが、
焼香に向かう際、まっすぐに立ち上がることはせず 常に腰をおとし、焼香は正座で行います。
① 腰をかがめて焼香台に向かいます。
② 座布団の手前に座り、僧侶とご遺族に一礼します。その後、両手を使い膝立ちをし座布団の上に正座します。
③ 祭壇に一礼、焼香は「立礼」と同じ作法で行います。
④ 焼香が済んだら、祭壇に向かって一礼(合掌)し、僧侶とご遺族に一礼し中腰で席に戻ります。

玉串奉奠(神式)

神式では、焼香の代わりに「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」といって、
榊の枝葉に「紙垂(しで)」という紙を付けたものを神前に捧げます。玉串は葬儀以外の神事や結婚式でも
同じように扱います。受け取った玉串を根本が神前に向くように回して奉げますが、歩きながら回すのは厳禁です。

玉串奉奠

玉串を置いたら神前に向かい「二礼二拍手一礼」します。
(2回頭を下げ、2回拍手(しのび手といって音を立てない拍手)、1回頭を下げる)
その後、一歩下がって遺影に向かって一礼し戻ります。

献 花 (キリスト教・無宗教式)

キリスト教や無宗教式の葬儀の場合、焼香の代わりに白いカーネーションなどの花を手向ける「献花」が用いられます。

献花
コンテンツ