×

オプション

HOME»  葬儀の形式と種類

葬儀の形式と種類

自分らしい、故人らしい葬儀を行いたいと思う人が増えてきました。
葬儀の形式や種類を、前もって知っておけば『~らしいお葬式』をするための打合せも スムーズにいきます。

【仏式】

日本人の一般的な葬儀といえば、僧侶に読経をしてもらう仏式でなないでしょうか。
菩提寺がある場合は、亡くなったら直ぐに葬儀の日程や戒名などの打合せをします。
菩提寺が遠方で僧侶が来られない場合は、同じ宗派のお寺様を紹介してもらいますが、戒名は菩提寺から戴くようにします。また、菩提寺がない場合、実家の宗派に合わせ葬儀社に紹介してもらい戒名や読経を依頼します。

【神式】

神道式で行う葬儀を「神葬祭」といい、家に留めて守護神とするための儀式とされています。
仏式の葬儀はお寺様で行われますが、神道では「死は穢れ」であり、神の聖域に穢れを持ち込むことは
良くないこととされ、神社での葬儀は行なわれません。
服装は仏式と変わりありませんが、故人の手向けとして焼香ではなく、「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」になります。
また、数珠は使用しません。

【キリスト教式】

キリスト教にはもともと通夜というものは無く、日本で行われているものは日本独自のものだそうです。
通夜や葬儀の流れは教会によって異なり、仏式の焼香にあたるものが「献花」になります。
また、キリスト教では、死は永遠の命の始まりであり不幸な出来事ではないという考えなので、お悔みの言葉は述べず、「安らかなお眠りをお祈りいたします」と挨拶します。

直葬(火葬式)

直葬(火葬式)とは、通夜・葬儀を行わず、ごく限られた親しい方のみで火葬場に行く、ごくシンプルな葬送のかたちです。
通夜・葬儀の準備や会葬者を招かない分、ゆっくりとお別れが出来、経済的・精神的にも負担が少なくてすみます。
以前は、身寄りのない方や経済的困難な方などに限られていましたが、現在では家族だけでしめやかに執り行いたいと、増えてきています。直葬は無宗派で行われることがほとんどですが、火葬炉の前で僧侶に来てもらい読経をお願いすることも出来ます。
しかしながら、菩提寺とのお付き合いがある場合は、戒名やお布施などの問題もありますので、直葬で執り行う際は、事前に相談しておいた方が良いでしょう。また、後日親戚や友人から「何故、知らせてくれなかった」
とか、葬儀後に弔問に訪れる人が続いたりと「普通(一般葬)にしておけば良かった」と後悔する方も少なくあません。
このようなケースも考え、どのような葬儀にするかを考える事は大切です。

直葬(火葬式)

一日葬

一日葬は通夜を行わず、ご遺族・ご親族・友人などのごく身近な関係者のみで告別式と火葬を一日で行う葬送です。通夜を行わないので、通夜振舞いなどの費用や、会葬者と接する時間も短縮されるため経済的、精神的負担が軽減されます。
お付き合いのある菩提寺がある場合、直葬と同様事前にお寺様に確認しておきましょう。

一日葬

家族葬

家族葬はご家族やご親族、友人を中心とした少人数の葬送のかたちです。
一般的な葬儀の小型という捉え方が適当で、一連のセレモニーは通常とおり行われます。

家族葬

無宗教葬:自由に演出する葬送のかたち

無宗教葬:自由に演出する葬送のかたち

特定の宗教、慣習などの葬儀の形式を離れ、故人やご遺族の希望に副って行われる葬送のかたちです。例えば、故人の好きだった音楽を流したり、趣味の展示や思い出の写真をスライドで流したりと「その人らしいお葬式」を演出する事ができます。
無宗教葬は決まったかたちはないので、ある程度 自分たちで内容を決めておくことが必要です。また、葬儀社とも密な打合せも必要とされます。

無宗教葬を行う際は、親戚の方々にその旨を伝えておくと良いでしょう。
「先祖代々のお寺(宗派)があるのに、無宗教葬なんてとんでもない」とお怒りになり、その後も続くトラブルになる可能性も有ります。また、菩提寺とお付き合いがある場合は、特に注意が必要になってきます。
お寺様にお墓への納骨を断られたり、菩提寺の宗派に則った葬儀のやり直しを強いられることもあります。
故人の遺言でも菩提寺に納骨する場合は、無宗教葬にはせず、菩提寺に沿った葬儀をされた方が賢明です。

コンテンツ