×

オプション

HOME»  樹木葬

自然葬(樹木葬)

『好きな花木や樹木の下で、自然に還る、自然と一体化する・・・樹木葬』


樹木葬とは、墓石を墓標とする従来の埋葬とは異なり、
霊園の敷地や、自然の山へ樹木や花を植え その下に遺骨を埋葬する方法です。
『好きな花木や樹木の下で、自然に還る、自然と一体化する』
とても魅力的なことです。
また、お墓と違って、管理や宗教などの面倒なことがないのが特徴です。
しかし、樹木葬は管理された敷地のみで行えるもので、ご自身の手で
勝手に近隣の山などへ埋葬すると法律違反(墓地埋葬法)になることや、
樹木葬の中にも種類があることなど、事前に知っておく必要があります。


樹木葬には、大きく分けて2種類

樹木葬には、大きく分けて2種類あり、自然と一体となる『里山型』と
共同でご遺骨を埋葬する『公園型』があります。

 
 『里山型』
1人に対して一本の樹木を植えるタイプ。
しかし、この形態は広い土地を必要とする為、都市部で対応している霊園や墓地は少なく、
費用についても個別に管理するので若干高くなる可能性があります。
 
樹木葬(公園型) 『公園型』
一本の樹木を植えた区画に
複数のご遺骨を埋葬するタイプ。
区画ごとに、桜やバラなどの目印となる樹木があり、
その周辺に,共同または個別にご遺骨を埋葬します。
土地の確保が難しい都市部は、この『公園型』の
樹木葬が一般的です。また、追加料金はかかりますが、オプションで石のプレートやペットと一緒に入れる所もあります。


費用はどの位かかるのか

樹木葬の相場は、『里山型』『公園型』によって変わりますが、
どちらを選んでも、お墓を持つよりは安くすみます。
35万円~80万円程度と言われており、墓地や霊園、その他 植林代や
プレート代の作成などのオプションによっても、その費用は違ってきます。
また、年間管理費が必要な所や埋葬期間を設けている所もありますので、
お探しの際は、アクセス、費用、申込条件などを事前に調べ
見学に行かれることをお勧めします。



樹木葬の注意点

樹木葬の場合は、海洋散骨と同様に自然に還すことが基本になる為、
ご遺骨がかえって来ることはありません。
家族間でトラブルにならないよう、十分な話し合いをする必要があります。

※ ご遺骨が残らないのは寂しいと、手元供養品(ペンダント)を購入され、
肌身離さず付けていらっしゃる方もいます。


 
人の死は様々な手順をふみ、火葬され、お骨になり、埋葬されます。
この一連の流れを変えることはできません。しかし、葬儀の形式や埋葬方法など
要望があれば、遺言書の作成など 家族に伝え残すことが大切です。
やさしい葬儀では、自然葬学習会を毎月2~3回 開催しています。
ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。


フリーダイヤル2


 
コンテンツ